ホーム »

夜中に作業している除雪車の存在

あの特殊車のおかげで地域住民の雪かきは相当楽になっていますよね!
ああいった対応をみるとお役所さまありがとうって気持ちになります。
道路に雪が積もってしまったら相当なダメージがありますからね、経済を中心に。

物流がスムーズにいかないとコンビニにだってお弁当やパンが運ばれないし、個人の荷物も届きません。
はっきりいって今の季節の北海道は一晩で道路に1mくらい雪がつもっても全然おかしくありません。
ある程度通行料がある道路ならば大丈夫かもしれませんが、うちの前の道路みたいに近所の人がたまに車で走るくらいの道路は除雪車がいなければ、車なんて動かせない状態になっちゃうでしょう。

だからホント除雪車には感謝しております。
一度作業員の人に御礼の言葉でもいいたいけど、あれが動いてるのは午前3時とかですからねー。
深夜にコンビニにいった時に偶然目撃したんだけど、すごい勢いでうちの前の雪をかき分けてくれた。

地域社会ってのは深夜の除雪車のように、人目にはつきにくけどすっごい頑張ってる存在によって成り立っているわけですよ。
大人になってそういった仕組みがだんだんとわかるようになりました。
うちの街は北海道の中でもかなーり田舎だけど、この街の風景は一生忘れない。

来年の春からは上京するけど、常に自分の中にはこの街の存在があるから寂しくないと思う。
帰る場所があるからこそ頑張れるってのもあると思うし。

地元で表彰されるくらい東京いったら頑張るぞー!!!

苫小牧観光協会
http://www.tomakomai-kanko.jp/